椿建築デザイン研究所 サービス
トップ > 椿建築T&Aサービス > 各種助成金制度のご紹介

長期優良住宅法

長期優良住宅法関連情報とは

平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行されました。
長期優良住宅の普及の促進のため、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である。 (カテゴリトップへ 国土交通省 長期優良住宅法関連情報

制度内容

【長期優良住宅に対応した住宅ローンの供給支援】
民間金融機関が、認定長期優良住宅について最長50年の住宅ローンを供給できるよう、住宅金融支援機構が支援( フラット50

【優良住宅取得 (フラット35S)の拡充】
住宅金融支援機構の優良住宅取得支援制度(フラット35S)において、認定長期優良住宅等に係る金利優遇(0.3%金利引き下げ)の期間を当初10年間から20年間に延長。( フラット35S

T&A無料ご相談窓口 助成金・補助制度につきましては各自治体等で規定が違いますのでT&A無料ご相談窓口より一度お問い合わせ下さい。

太陽光発電導入補助金制度

太陽光発電とは

太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式である。
導入費用が高めな代わりに、昼間の電力需要ピークを緩和し、温室効果ガス排出量を削減でき、国や地方自治体などから補助金がある。
ソーラー発電とも呼ばれる。再生可能エネルギーの一種であり、太陽エネルギー利用の一形態である。

制度内容

国は一般住宅への太陽光発電システム設置を支援いたします。
平成21年度「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」は、経済産業省が定めた住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金交付要綱に基づく補助事業者として、一般社団法人太陽光発電協会/太陽光発電普及拡大センター(T&A無料ご相談窓口 J-PEC)が募集を行うものです。

地方自治体からの補助金もあります。
弊社の地元自治体である北区は補助金は国の助成を受ける場合は、太陽電池モジュールの最大出力1kw当たり4万円(限度額8万円)。
受けない場合は、最大出力1kw当たり8万円(限度額15万円)。

T&A無料ご相談窓口 助成金・補助制度につきましては各自治体等で規定が違いますのでT&A無料ご相談窓口より一度お問い合わせ下さい。

壁面・屋上緑化導入補助金制度

壁面・屋上緑化とは

環境問題への対応を迫られる現代において案出された手法と見られがちだが、屋上庭園や草に覆われた土屋根、ツタの絡まる壁をもつ建築物は各国で古くから存在し建築物の断熱性や景観の向上などを目的として、屋根や屋上に植物を植え緑化することである。
同様に、建物の外壁を緑化することを壁面緑化という。

制度内容

自治体からの補助金もあります。
弊社の地元自治体である北区は補助金は
1.緑化区画1平米あたり20,000円
 (1平米未満の端数は、四捨五入)
2.助成対象となる総経費(注)の2分の1
助成金額は、1と2のうち低い方の金額とし、かつ100万円を上限とします。

T&A無料ご相談窓口 助成金・補助制度につきましては各自治体等で規定が違いますのでT&A無料ご相談窓口より一度お問い合わせ下さい。

エコキュート導入補助金制度

エコキュートとは

エコキュート貯湯式で割安な深夜電力を使用するため、燃焼型給湯器に比べ運転費用が抑えられ経済的である。
電力会社や電気設備業者が、給湯の他に床暖房や浴室暖房乾燥もできる多機能型エコキュートもあリオール電化住宅の目玉商品の一つとして導入に力を入れています。

制度内容

平成21年度も、国によるエコキュート導入補助金制度が実施されました。

※1.家庭用・家庭用リースの1台あたりの補助金額が41,000円へ変更されました。
※2.家庭用の募集のみ5期に、業務用の募集のみ4期に分けて実施されます。
各期共に「先着順」にて受け付けます。
※3.募集期間中に予算額に達した場合は、以下のとおりとなります。

○募集開始から10営業日以内で予算額に達した場合
予算額に達した日から2営業日後の日をもって募集締め切りとなり、この3営業日の間に到着した補助金申込書の合計について抽選を実施します。(記載等に不備のあるものを除く)

○募集開始から10営業日を超えた日に予算額に達した場合
予算額に達した日をもって募集締め切りとなり、その日に到着した補助金申込書の全件について抽選を実施します。( 詳しくはこちら

※4.上記他にも自治体からの補助金もあります。弊社の地元自治体である北区は補助金は1台あたり5万円の支給。

T&A無料ご相談窓口 助成金・補助制度につきましては各自治体等で規定が違いますのでT&A無料ご相談窓口より一度お問い合わせ下さい。

エコウィル導入補助金制度

エコウィルとは

エコウィルガス発電・給湯暖房システムのことで、都市ガスで自家発電をし、その時に出る熱で同時にお湯をつくり、給湯や暖房として使う、家庭用のガスコージェネレーションシステム。

オール電化と比べ、常時即座に大量の熱湯を供給可能な事、電気使用量が減り光熱費の削減を図れる事、発電時の排熱を有効利用するため、二酸化炭素排出量が少なく環境に優しく発電とお湯が同時にできるこのシステムです。

制度内容

エコウィルは平成21年度補助金対象商品です
エコウィルは優れた省エネ性が認められ、エコウィルの購入者に対して国から補助制度が平成21年度124,000円/台あります。( 詳しくはこちら
上記他にも自治体からの補助金もあります。
弊社の地元自治体である北区は補助金は1台あたり5万円の支給。( 詳しくはこちら

T&A無料ご相談窓口 助成金・補助制度につきましては各自治体等で規定が違いますのでT&A無料ご相談窓口より一度お問い合わせ下さい。

既存住宅の省エネ改修促進制度

既存住宅の省エネ改修促進制度とは

居住している既存住宅において、居室の窓部分を含んだ省エネルギー対策リフォームを行って居住すると、所得税、固定資産税の減税措置が適用されます。
ご自宅の増築・改築・大規模修繕、模様替えや、耐震改修、バリアフリー改修工事を計画されている場合、窓の省エネ改修工事も合わせて行うことで、この減税措置を受けることができます。( 詳しくはこちら

T&A無料ご相談窓口 助成金・補助制度につきましては各自治体等で規定が違いますのでT&A無料ご相談窓口より一度お問い合わせ下さい。

火災報知機補助支援

火災報知機とは

火災報知機新築住宅については、平成18年6月1日から、既存住宅については各市町村条例により、平成20年6月1日~平成23年6月1日の間で設置義務化の期日が決められます。

制度内容

各自治体より補助支援を受けられます。
弊社の地元自治体である北区は、65歳以上の世帯、障害者手帳をお持ちの方がいる世帯、18歳未満の児童を養育するひとり親世帯に住宅火災警報器を設置

※各自治体により条件は異なります。

T&A無料ご相談窓口 助成金・補助制度につきましては各自治体等で規定が違いますのでT&A無料ご相談窓口より一度お問い合わせ下さい。

▼椿建築デザイン研究所 サービスメニュー


椿建築デザイン研究所 お気軽にお問い合わせ下さい!
▲このページのトップへ