椿建築デザイン研究所 T&A設計事例 お茶室
トップ > 椿建築T&A設計事例 > お茶室 設計事例 > 穏の座

お茶室 設計事例

● 穏の座

四谷荒木町の車力門通りに紹介制のバーと貸席を営む穏の座。カウンターバーとお座敷がある店内の六畳二間続きだったお座敷を茶室に改装。
床の間には天然の絞り丸太とサビ丸太の柱を使用し、構造の梁を隠すために竹を下り天井に使用した。
茶室としてだけではなく金屏風(窓下のボックスに収納可能)を立てると舞台としても使用でき、入り口の引き込みの襖を開ければカウンターバー側とも一体として使え、様々なイベントに対応できるように設計。

一穂堂

● 穏の座 データ

場所 東京都新宿区 施工期間 2017.3〜2017.5
用途 茶室・お座敷 施工会社 株式会社オアシス巧房
改装面積 21.73㎡ 担当 唐須麻実

▼写真をクリックすると拡大します

▼建築設計事例カテゴリ一覧


椿建築デザイン研究所 お気軽にお問い合わせ下さい!
▲このページのトップへ